最強コスパのdTVのメリットデメリット全知識!料金と支払い方法も【31日間無料お試し実施中】

月額たったの550円(税込)の動画配信サービス、dTV低価格帯の動画配信サービスの中でも配信作品数が充実しており、docomoユーザー以外の方にも人気のサービスです。

でも、料金が安いということは、デメリットが多いのでは?と思う方もいるはず。私もdocomoに乗り換えたタイミングで31日間の無料トライアルに登録しましたが、確かに他社の方がいいと感じた部分はあります。

そこで今回は、dTVに契約するか迷っている方のために、月額料金の安いdTVは本当にコスパがいいのか?メリット・デメリットは?など、徹底的に解説してみようと思います。

結論:作品配信数12万作品!dTVはコスパも最強!弱点は無料ポイントがないこと。


( dTV公式サイトより引用 )

dTV月額料金は、たった550円(税込)です。他動画配信サービスと比較しても低価格帯でありながら、動画配信数は120,000本以上と充実のラインナップ!視聴システムに関しても、ステレオ音源・4K画質に対応しているだけでなく、ダウンロード機能倍速再生機能も提供されています。

dTVはただ料金が安いだけでなく機能も充実しており、コスパ最強の動画配信サービスだと言えます。もちろんdocomoユーザーでなくても契約可能です。

他社動画配信サービスと比較してデメリットだと感じてしまうのは、無料でポイントが配布されない点です。見放題作品を見るだけであれば問題ありませんし、逆に言えば特筆すべきデメリットは無料ポイントがない所くらいです。

☆31日間基本料金が無料☆


[/box]

dTVを利用するメリットデメリット全知識

圧倒的にデメリットが少ないと感じられるdTVですが、本当にメリットばかりが多いのでしょうか?ここからは、dTVのサービスを一つ一つ具体的に挙げながら、メリット・デメリットをそれぞれ詳細に説明していきます。

メリット:31日間の無料お試し期間がある


( dTV公式サイトより引用 )

dTVでは、初回登録時31日間の無料お試し期間が用意されています。

他動画配信サービスと比べても、無料お試し期間の長さはU-NEXTとdTVの31日間が最長です。

少しでも長く無料で楽しみたい方や、なるべくじっくり無料期間中にサービスを吟味されたい方など、31日間という長期間の無料お試し期間は大きなメリットです。

メリット:動画配信数12万本以上で多彩なジャンルをカバー

dTV動画配信数は、合計12万本以上となっており、動画配信サービスの中でもU-NEXTに次ぐ配信本数を誇ります。配信本数が多いだけに、洋画、邦画、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流・華流、キッズ、バラエティ、オリジナル、音楽など、多彩なジャンルを網羅しています。

dTVは、大手音楽事務所であるavexとNTTドコモが共同出資した、エイベックス通信放送によって運営されているため、ミュージックビデオやライブ動画なども多数配信されています。

また、前進であるBeeTVに引き続き、dTVでしか見られないオリジナルドラマやオリジナルバラエティも充実しています。

メリット:月額ワンコインでOK

月額料金は550円(税込)、他社動画配信サービスと比較しても上位の安さです。他動画配信サイトとの月額料金と動画配信本数を、料金順に表にまとめました。

月額料金(税込)

動画配信数

Amazonプライムビデオ

500円

14,000本以上

dTV

550円

120,000本以上

TELASA

618円

10,000本以上

Netflix

800円~

非公開

FODプレミアム

976円

60,000本以上

paravi

1017円

非公開

TSUTAYA TV/DISCAS

2659円

190,000本以上

hulu

1026円

60,000本以上

U-NEXT

2417円

220,000本以上

月額ワンコインの動画配信サービスは、dTVとAmazonプライムビデオだけです。ただ、Amazonプライムビデオの動画配信数は14,000本とdTV10分の1程度であるため、dTVコスパの良さがより際立ちます。

☆31日間基本料金が無料☆


[/box]

メリット:最新レンタル映画も最速ラインナップ


( dTV公式サイトより引用 )

dTVでは、直近にDVDがレンタル・配信開始する最新のDVDリリース作品やレンタル開始作品も最速でラインナップされています。

メリット:アニメ作品も充実

映画やドラマだけでなく、dTVではアニメ作品も充実しています。

NTTドコモ系列の別サービスとして、「dアニメストア」というサービスも提供されていますが、

  • dTV : 子供向けから深夜アニメ、過去作から最新の見逃し配信まで幅広い
  • dアニメストア : 深夜アニメや萌え系、最新アニメの見逃し配信が充実

となっており、子供向けアニメはdTVの方が充実しています。

( dアニメストア公式サイトより引用 )

dアニメストアdTVと同様に、初回31日間の無料お試し期間が用意されています。アニメが見たい方は、dアニメストア無料トライアルも合わせてチェックしてみると良いでしょう。

メリット:dTVオリジナルコンテンツを配信

dTVでは、前身であるBeeTV時代から、数多くのオリジナルコンテンツを配信しています。dTVも引き続きドラマ、お笑い・バラエティ、キッズ、ガールズなど幅広いオリジナルコンテンツを提供しており、ここでしか見られない作品が充実しています。

また、dTVではマンガにオリジナルの音声を付けた「ムービーコミック」も配信中。アニメのような感覚でマンガを楽しむことができます。

☆31日間基本料金が無料☆


[/box]

メリット:ミュージックビデオやライブビデオも配信


( dTV公式サイトより引用 )

NTTドコモとavexが共同出資しているdTVは、ミュージックビデオやライブ映像も配信されています。桑田佳祐やGLAY、EXILE、浜崎あゆみ、坂本龍一など、多くのアーティストのライブビデオミュージックビデオが視聴できます。

また、ダンス動画カラオケ映像なども配信されているため、自宅でのエクササイズやカラオケ練習などにも活用できます。

メリット:動画のダウンロードも可能

dTVは、スマホやタブレットに動画コンテンツをダウンロードすることが可能です。

スマホのデータ通信量に制限のある方はもちろん、Wi-Fi環境下で事前に動画をダウンロードしておけば、地下鉄など電波が不安定な所でも、データ使用量を気にせずスムーズに動画を視聴することができます。

パソコンなど、スマホ・タブレット以外の端末にはダウンロードできませんが、主にスマホ・タブレットで必要な機能なので、デメリットにはならないでしょう。

メリット:もちろん!ドコモユーザー以外でも利用可能


( dTV公式サイトより引用 )

dTVは、その名称からdocomoユーザー限定であるように感じられるかもしれませんが、docomo回線を持っていなくても登録できるサービスです。

docomo以外の方でも、dアカウントを作成してクレジットカードを登録すれば、誰でもdTVを利用することができます。

☆31日間基本料金が無料☆


[/box]

メリット:対応デバイスが豊富

dTVは、パソコンやスマホ、タブレットに限らず、

  • スマートテレビ・レコーダー(BRAVIA・VIERA・DIGA・REGZAなど)
  • セットトップボックス・ストリーミングデバイス(Google Chromecast・Apple TV・Amazon Fire TVなど)

などでも視聴することができます。豊富なデバイスで視聴できるため、いつでも・どこでも好きなデバイスで動画を楽しむことができます。


( dTV公式サイトより引用 )

メリット:視聴中でも字幕・吹き替えの変更が可能

dTVでは、海外ドラマ・洋画などの対応コンテンツなら、視聴中でも字幕・吹き替えを変更することができます。対応しているコンテンツは「字幕・吹替」の切り替えボタンが表示され、視聴中でも自由に切り替えることができます。

ただし、ダウンロードコンテンツについては、ダウンロード時に字幕か吹き替えか選択するため、後から切り替えることはできません。

メリット:アプリで使える再生速度変更機能

iOS版・Android版のdTVアプリでは、再生速度を変更して視聴することができます。

動画の左下に表示される歯車マークを選択すると、画質や再生速度を「標準・1.5x・2.0x」から自由に変更することが可能です。話数の多いシリーズを一気に見たい、でも時間がない!という方に、特に嬉しい機能です。

☆31日間基本料金が無料☆


[/box]

デメリット:無料ポイントがない

冒頭で紹介した通り、dTV有料でレンタル・購入が必要なコンテンツがあるサイトの中では珍しく、無料でポイントが配布されないサービスです。同形態の動画配信サービスと比較してみると、

dTV

U-NEXT

TSUTAYA TV/
DISCAS

FODプレミアム

paravi

TELASA

music.jp

月額(税込)

550円

2417円

2659円

976円

1017円

618円

1980円

ポイント

なし

1,200円分

1,100円分

最大1,300円分

500円分

550円分

4,958円分

月額料金以上のポイントを還元しているサイトもある中、dTVポイント還元がない点が唯一大きなデメリットだと言えるでしょう。

ただ、格安の月額料金な上に配信数そのものが多く、無料で視聴できるコンテンツが充実しているため、どうしても無料で最新作が見たい!という方以外はあまりデメリットを感じないかもしれません。

デメリット:ドコモユーザー以外はdアカウントの作成が必要


( dアカウント公式サイトより引用 )

先ほども触れた通り、docomoユーザー以外の方は、dアカウントの作成が必要となります。

  1. メールアドレスを登録
  2. IDを決めて入力
  3. パスワードを決め、氏名・性別・生年月日などを入力

だけで登録できる上、dポイントやお得なクーポンをコンビニやカフェ、レストランなどで活用できるようになるため、登録は多少手間でもメリットは豊富です。

デメリット:ドコモユーザー以外はクレジットカードが必要

dTVの支払い方法は、

  • ドコモ ケータイ払い
  • クレジットカード払い

のみとなっています。docomoユーザー以外はクレジットカードが必要となるため、docomoユーザーでなくクレジットカードを持っていない方にとってはデメリットとなります。

デメリット:最新作品は追加料金を支払わないと観れない


( dTV公式サイトより引用 )

多くの動画配信サービスがそうであるように、dTVでも最新作は追加料金を支払ってレンタル・購入しなければ視聴できないシステムです。

dTV無料で配布されるポイントがないため、最新作を視聴するには追加料金の支払いが必要です。支払いにはdポイントも使用することができるため、dポイントユーザーは貯まったポイントで動画を視聴することができ、お得に感じるかもしれません。

デメリット:複数のデバイスで同時に視聴できない

dTVでは1つの契約で最大5台のデバイスの利用登録ができます。ただ、複数デバイスで同時に視聴することができません。例えば、自分のパソコン・自分のスマホ・家のテレビ・妻のスマホ・子供用タブレットを登録したとしても、再生できるのはどれか1台のみ。

ダウンロード機能を利用しても同時視聴ができないため、家族でアカウントをシェアしたい場合などに、デメリットを感じる可能性があります。

デメリット:ゲーム機での視聴ができない


( dTV公式サイトより引用 )

dTV豊富な視聴端末に対応していますが、PlayStationなどゲーム機での視聴には対応していません

対応機種以外のテレビで動画を視聴したい方は、他のセットトップボックスストリーミングデバイスを用意する必要があります。

デメリット:4K作品の配信が少ない

dTV最大画質4Kまで対応していますが、4K作品の配信はまだまだ少ないのが現状です。

ただ、そもそも4K対応のデバイスでないと視聴できない上、その他のコンテンツもHD画質からフルHD画質の高画質に対応しているため、そこまでデメリットだと感じる方は多くないでしょう。

dTVを利用すべき人

dTVは、低価格にもかかわらず潤沢な配信本数を提供しており、機能も充実したコスパの良い動画配信サービスです。誰にでもオススメできる充実のサービス内容ですが、ここまで紹介してきたメリット・デメリットから、特に次のような方にはオススメです。

  • とにかく安く動画見放題を楽しみたい方
  • 最新作の視聴にはそこまでこだわらない方
  • 音楽ライブ映像やミュージックビデオが見たい方
  • dTVオリジナルコンテンツを視聴したい方
  • docomoユーザー、またはdアカウントユーザーの方

☆31日間基本料金が無料☆


[/box]

dTVの料金全知識

メリット・デメリットの中でも紹介してみましたが、改めて、dTV料金について総ざらいしておきたいと思います。dTV料金支払い方法他社動画配信サービスとの比較表をまとめてみました。

dTVの料金と支払い方法

dTVの利用料金は、月額500円(税別)です。見放題作品の他に、個別で課金が必要な「レンタル作品」があります。

dTV月額料金の支払い方法は、

  • ドコモ ケータイ払い
  • クレジットカード払い (VISA/MASTER/JCB/AMEX)

dTV個別課金(レンタル)作品の支払いは

  • ドコモ ケータイ払い
  • dポイント / どこもポイント
  • クレジットカード払い (VISA/MASTER/JCB/AMEX)

での支払いが可能です。なお、dTV会員特典として、個別課金(レンタル)作品に使用できるクーポンも配布されています。

他社動画配信サービスとの比較

dTVは他社動画配信サービスと比較しても格安の価格帯ながら、充実した作品数を配信しています。特に動画配信数に関しては、同価格帯の中ではダントツです。

月額料金(税込)

動画配信数

DL機能

画質

Amazonプライムビデオ

500円

14,000本以上

4K UHD

dTV

550円

120,000本以上

4K

TELASA

618円

10,000本以上

フルHD/4K

Netflix

800円~

非公開

最大4K

FODプレミアム

888円

40,000本以上

×

HD

paravi

1017円

非公開

HD

hulu

1026円

60,000本以上

フルHD

TSUTAYA TV/DISCAS

2659円

190,000本以上

×

HD

U-NEXT

2417円

220,000本以上

フルHD/4K

☆31日間基本料金が無料☆


[/box]

dTVを完全無料で利用する全知識


( dTV公式サイトより引用 )

dTVは初回に限り、31日間無料で登録できる無料トライアル期間を提供しています。

ただ、完全無料で楽しむつもりが、使い方を誤ると課金が発生してしまうことも…。dTV完全無料で楽しみたい方は、次の3つのポイントに気をつけて利用しましょう。

dTV完全無料ポイント1:トライアル登録後31日以内に解約する

dTVは、初回登録日を含めた31日間無料トライアル期間となっており、登録日から32日目に自動で月額料金が請求されます。解約時の日割り返金制度はありません

登録時に届くメールに無料期間が明記されているので、課金を避けたい方は必ず日付をチェックして、最終日までに余裕を持って解約しておきましょう。

dTV完全無料ポイント2:有料コンテンツは利用しない。

dTVは最新作など、一部コンテンツが有料で提供されています。無料ポイントが付与されないため、完全無料で楽しみたい方は、有料コンテンツは利用しないようにしましょう。

見放題」と「レンタル」の作品をそれぞれ選択して絞り込むことができ、有料コンテンツには「¥」マークが付いているので、動画選択時にも分かりやすく判別できます。


( dTV公式サイトより引用 )

dTV完全無料ポイント3:wi-fi環境下で利用する

dTVで配信されている動画は、最低でもHD画質となっています。データ利用量に制限のある方は、膨大なデータを消費してしまわないよう、dTVWi-Fi環境下で利用するのがオススメです。

dTVスマホ・タブレットに限りダウンロード機能が提供されているため、自宅などWi-Fi環境のあるところで事前にダウンロードしておくと、電波などに左右されたり通信量を心配する必要もなく、外出先などでも安定して動画を視聴することができます。

☆31日間基本料金が無料☆


[/box]

dTVの登録・解約方法

dTVは、パソコンやスマホから簡単に登録・解約ができます。

登録時は、公式サイトの「初回31日間無料お試し」のボタンを押し、dアカウントを持っている方はログイン・持っていない方は作成し、必要事項を入力するだけです。

( dTV公式サイトより引用 )

dTV解約する際は、「ドコモオンライン手続き(My docomo)」での解約手続きとなります。

  1. dTVのメニューから「アカウント」を選び、「解約」を選択
  2. dTV会員解約の画面を下へスクロールし、「利用規約に同意し、解約手続きに進む」を選択
  3. dTVに契約しているdアカウントにログイン
  4. My docomoの案内に沿って解約手続きを完了する

なお、dTV解約は、毎週火曜PM10:30~水曜AM7:00の間、定期システムメンテナンスにより手続きができません。無料期間内・月内に確実に解約したい方は、余裕を持って手続きするようにしましょう。


( My docomo公式サイトより引用 )

☆31日間基本料金が無料☆


[/box]

結論:コスパと見放題作品数で選ぶならdTVがおすすめ

dTVは、月額たったの550円(税込)かつ12万本以上の動画配信数で、数ある動画配信サービスの中でも抜群のコスパの良さが感じられるサービスです。コスパの良さと見放題作品数で選ぶなら、断然dTVがオススメ

見たい作品が見放題となっているか、サイトが使いやすいかなどが心配な方も、まずは31日間の無料トライアルに登録し、dTVの動画ラインナップや充実の機能を試してみてくださいね。

音楽ライブやオリジナルコンテンツまで!充実した動画をワンコインで楽しもう

ワンコインでこれだけの配信数を提供し、画質再生機能など充実したサービスを用意しているdTV。映画やドラマ、アニメ、バラエティ、音楽など、ジャンルも幅広い上オリジナルコンテンツも多く、見応え十分な動画配信サービスとなっています。

無料ポイントは付与されないものの、会員限定のクーポンが配布されているので、まずは気軽に31日間無料で登録してみるのがオススメです。見放題動画だけでも到底見切れないほどの、充実したコンテンツが配信されていますよ!

☆31日間基本料金が無料☆


[/box]

 

他の動画配信サービスも比較してみよう!